皆様、こんにちは。

名古屋の桜はまもなく満開なのに、先ほどから雨が降り始め

しばらくは雨模様との予報が・・・。

 

釈迦 似顔絵さて、4/8はお釈迦様の誕生日ということで、万松寺では降誕会(ごうたんえ)が行われます。

「甘茶」や「お稚児さん」など聞いたこと、また実際に参加された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちなみに私、小学校低学年の頃、お稚児さんに参加しました!!

初めてのお化粧に、大号泣&大暴れで大変だったとか・・・笑

お釈迦様の誕生日をどのようにお祝いするのかご存知でしょうか??

お釈迦様の像に甘茶をかけたことがある!!という方も多いかと思います。

でもなぜ甘茶を・・・??と疑問に思う方も多いかと思いまして・・・

 

お釈迦様はこの世にお生まれになってすぐに7歩歩き、

右手で天を左手で地を指差し

「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」

と言われました。

この言葉は「この世に生きているものは、それぞれ尊い命を生きている」という意味です。

ぞうさんとお釈迦様

 

また古い書物によると、お釈迦様がお生まれになったときに

天から龍が舞い降りてきて甘露(かんろ)を降らせたとも伝えられています。

そうです!!お気づきでしょうか??

この甘露(かんろ)を模したものが甘茶になります。

つまり花まつりは、お釈迦様がお生まれになったときの様子を表し、華やかにお祝

いし、命の大切さや尊さを考える日といえますね。

 

 

 

納骨堂をご見学・ご検討されるお客様に限らず、亡くなられた方を想う気持ちは供養につながります。

お釈迦様の誕生日をお祝いするとともに、納骨堂や供養について分からないことがありましたら、いつでもお声がけ、お問い合わせ下さいね。

 

永代供養なら 名古屋市 万松寺納骨堂 にご相談下さい。