こんにちは。

葉桜が目に鮮やかな季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今回は「中陰」(ちゅういん)についてご説明したいと思います。

 

「中陰」とは、故人が現世と来世をさまよう、死後四十九日間をいいます。

故人は、亡くなった日から七日ごとに冥道の裁判官によって裁判を受け、来世に生まれ変わる世界を決めるとされています。

生前中に悪行を重ねた人でも、遺族が追善供養をすれば、故人もその功徳を受けるとあります。

そのため、遺族は裁判官に生前の徳を挙げ、良い判決が下されるように、七日ごと(初七日〜七七日)に追善供養を行います。

そして七回目の審判の日、つまり四十九日目に来世の行き先が決まり、故人は来世へと旅立ちます。

この日を「忌明け」といいます。このタイミングで一区切りとし、遺骨の埋葬、若しくは寺院や納骨堂に納骨を行う場合が多いです。

 

万松寺納骨堂では納骨だけでなく、納骨後の四十九日法要や回忌法要も承っております。

 

永代供養なら名古屋市万松寺納骨堂にご相談下さい。