こんにちは

格別の寒さですが、風邪など召されていませんでしょうか?

新しい年の幕開けをしてから、間もなく一ヶ月過ぎようとしていますね・・・

 

私は先日、雪降る京都に出かけてきました!!

京都市内は雪がしとしと降っており、なんとも風情のある町並みでした。

京都でも日本海側に住む友人に尋ねましたら、

160センチと身長程の雪が積もったようです。

風情とは言っていられないほど、雪かきに追われていたそうです。

さて今回は雪かきに追われている友人の紹介で

初めて京都で和食ではなくイタリアンを食べました。

京都 店 画像

ついつい京都=和食と決め付けていた私にとっては中々の冒険でしたが

お邪魔したお店は、130年前にお茶屋として建てられた古民家でして、

ほぼそのままの姿で店舗にされていました。

京都 店 中庭 画像店内もアンティーク家具が置いてあり、素敵な空間で美味しい食事を頂けました。

京都 店 和室 画像

130年か~と思いを馳せておりましたが・・・・

 

いやいや

ここ万松寺は470年以上の歴史をもつ寺院。

天文九年(1540年)尾張一円を領していた古渡城主、

織田備後守信秀公(織田信長の父)が、織田家の菩提寺として開基しました。

 

織田家や徳川家とも縁が深く、歴史ファンならずとも、魅力的な場所ですよ。

間もなく行われる節分会も毎年沢山の方がご祈祷されます。

 

そうそう!

万松寺の大人気茶屋では新作メニューも登場しました。

気がつけば・・・京都の話から脱線してしましましたが

 

万松寺にて思いを馳せてみるのもいかがでしょうか?

 

永代供養なら名古屋市万松寺納骨堂にご相談下さい。