【公式】織田家ゆかりの万松寺が永代供養する名古屋都心の納骨堂
スタッフブログ

家紋について

皆さん、こんにちは。

2月も中旬に入り春が近づいてきましたが、名古屋ではまた雪が降り厳しい寒さが続きますね。

どうぞ暖かくしてお過ごし下さい。

 

さて、突然ですが皆さん自分の家紋はご存知でしょうか?

家紋は古くより家系や名字、地位、血統を表わすために

自分の家や、お墓、衣服などに付け用いられてきました。

しかし、現代ではあまり家紋が使われず、自分の家紋を知らない人が増えてきています。

 

よくご契約の際に「せっかくだから家紋も納骨壇に付けたい」と言われることがあるのですが、

自分の家紋がわからないという方も中にはいらっしゃいます。

家紋は代々家系で語り継がれていくものなので、

調べる場合は両親や親戚に聞いてみたり、ご先祖様のお墓を確認してみましょう。

 

自分の家紋を調べてみると、珍しいタイプの家紋だったり、
ひょっとしら歴史上の人物につながりがあったりして面白い発見があるかもしれません。
ちなみに私の家紋はとある戦国武将と同じものでした!(ご先祖様かどうかは不明ですが・・・)
先祖代々から受け継ぎ大切にされてきた家紋は知っておきたいですね。

万松寺納骨堂には家紋を付けることができる納骨壇もございます。

見学は随時行っておりますので是非一度お越し下さい。

 

永代供養なら名古屋市万松寺納骨堂にご相談下さい。


PAGETOP
Copyright © 万松寺納骨堂 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.