こんにちは、皆様いかがお過ごしでしょうか。

朝晩の冷え込みは続いていますが、日中はだいぶ春らしい日差しになってきましたね。

今日で2月も終わり、明日から3月になり卒業式など新たな門出を迎える方々も多いかと思います。

今回は季節の変わり目という事で春の節句についてお伝えします。

3月3日は桃の節句、ひな祭りの日ですね。

ひなまつり

 

 

 

 

 

 

桃の節句の始まりには、【上巳】と深い関わりがあります。

※上巳とは3月上旬の巳の日を指しますが、これを上巳の節句と言い五節句の一つとされています。また節句には、季節の変わり目、節目という意味があり、古来の日本では節句ごとに厄払いをする風習がありました。

そして上巳の節句では、紙や草、藁などで作った人形(ひとがた)を身代わりにして川に流すことで、厄払いや健康祈願をしてきたのです。

また一方で、貴族階級の子供達の間では「ひいな遊び」というものが流行っていました。

ひいな遊びとは今で言うおままごとのようなもので、ひいな=ひな は、小さくてかわいらしいものという意味です。

このひいな遊びで使われていた紙の人形と、厄払いの人形(ひとがた)が合わさったものは、流し雛として川に流されるようになりました。

そしてこの流し雛こそが、雛人形のルーツと言われています。より立派な流し雛が作られるようになると、人々は川へ流すのを止めて飾るようになったと言われています。

そして、江戸時代に幕府が3月3日を「桃の節句」と定め、ひいな遊びや人形という観点から桃の節句は女の子に属するものという考えが定着していったそうです。

厄除けが元々の起源だったとは、調べていて思わず へぇ~ ってなりました。

私も子供の頃、毎年ひな祭りの時にひな人形を出してもらった記憶があります。

何気ない行事にも様々な思いが込められているのですね。

 

ところで、話は変わりますが3月3日は毎年万松寺で行事が行われるのをご存知でしたか?

この日は当山の開基者であり、織田信長公の父である織田信秀公の祥月命日。
万松寺では追善法要を勤めさせていただきます。

807443cb20dda926a61d8b255a5e8406

 

 

 

 

 

 

 

一般の方も法要への参列、焼香をしていただけますのでお時間御座いましたら是非万松寺へお立ち寄り下さい。

(参加費無料です)

 

万松寺納骨堂では、ご見学も随時受付ておりますので、大須にお越しの際にはお立ち寄り下さい。

スタッフ一同お待ちしております。

【ご見学・ご相談・資料請求などお気軽にお問い合わせください。】

フリーダイヤル 0120-157-942