みなさん、こんにちは。

立春を迎え、梅のつぼみがほころぶ季節となりましたね。

寒がりな私は、あたたかい春が待ち遠しくて仕方ありません。

さて、2月3日の節分はどのように過ごされましたか?

ご家族そろって豆まきをされた方や、恵方巻きを召し上がれた方、いらっしゃるかと思います。

万松寺では節分会・星祭が開催され、一般の方や納骨堂をご契約されている

方が 厄除け豆まき・厄除け祈願 をされました。

IMGP8420IMGP8514

 

 

 

 

 

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、節分についてご説明しますね。

季節を分けると書いて、「節分」と読みますね。

ということで、立春・立夏・立秋・立冬の前日を節分といい、年に4回もあるんですっ!!

昔の暦で立春は1年の始まりと考えられていて、立春の前日(節分)は大晦日になります。

悪いものを追い出して、健康で安全に1年を過ごすために、春の節分だけが行事として残ったと言われています。

それではなぜ、豆をまくのでしょう?

節分(イラスト)

「魔を滅する(まめをめっする)」という言葉から、豆をまくという説や

鬼をやっつけるために近くにあった豆を投げたという伝説など いろんな説があります。

なぜ炒った豆をまくのかというと・・・

生の豆をまいてしまうと、悪い芽が出てきてしまうからなんですって!!

 

 

節分について調べてみると、知らなかったことばかり・・・

普段何気なく参加している節分ですが、ひとつひとつに意味があって

時代と共に変化していく部分もありますし、この伝統が次の世代に引き継がれていくことなど

考えさせられるところもあり・・・とても勉強になりました。

(私自身、勉強不足だと反省致しました・・・。)

 

節分だけでなく、厄払い・ご祈祷は随時承っております。

ふと思い立ったときにお越しくださいね。

永代供養に関することなら 名古屋市 万松寺納骨堂 にご相談下さい。