秋の気配を通り越して、既に寒いと感じる日も多くなってきました。

さる10月8日(日)、名古屋校にて技術コース中級・準中級クラスの講義を実施しました。

中級クラスでは、今回は「総合実習」ということで、参加者同士で模擬臨床を行いました。

限られた時間内で、今まで学んだ診察法を駆使し、治療穴・治療法を選定します。

普段の臨床に活かせる実習となっていると思います。

準中級クラスでは、「問診」の講義を行いました。

普段の臨床や学校の実習の中では、「問診」に時間をかけることが難しいこともあると思います。

梁山の講義内では、時間を使い、問診で聞くべきこと、判断できる情報を集めることの重要性を学びました。

今年度の講義も残りあと3ヶ月。しっかり復習して、臨床力を向上させたいですね。

20171008中級