さる11月5日(日)、技術コース名古屋校で初級クラスの講義を実施しました。

初級クラスでは、診察技術として前月から引き続き「舌診」を、治療技術として「鍼技術」を学びました。

「舌診」では、前月に「舌の情報をありのままに捉える」練習をしましたが、今月は「舌の状態から体の状態を把握する」一歩進んだ内容を学びます。

学んだ知識が次の知識につながるのは、勉強をしていて楽しいと思える貴重な瞬間だと思います。

「鍼技術」では、刺入した鍼の鍼尖から皮膚・皮下の状態を感じる練習を行いました。

わずかな鍼尖から体の状態を知ることは、初めは難しく感じます。

治療効果につながる技術なので、少しずつ習得できるよう練習していきたいですね。

20171105初級① 20171105初級②