平成31年8月7日(日)

七夕祈祷会

短冊祈祷

時間
午後5時~
場所
本堂 参加無料

万松寺の七夕

〜旧暦の七夕〜

万松寺では毎年旧暦の七夕にあわせた7月1日(月)〜8月7(水)までの期間『万松寺の七夕』として、短冊に書いた願い事を境内に立てた笹竹に奉納していただけます。
また旧暦七夕にあたる8月7日(水)は、午後5時より皆様に奉納頂いた願いが叶いますよう本堂にて七夕短冊祈祷会を行います。
参加無料となっておりますので、気軽に足をお運び下さいませ。

祈祷短冊

万松寺オリジナル短冊に願い事を書き、境内に立てた笹竹にご自身でご奉納いただきます。
奉納頂いた短冊は、七夕祈祷会でご祈祷を行います。

奉納期間
7月1日(月)〜8月7(水)
祈祷料
2枚100円

短冊は、万松寺札処にてお授けしております。

万松寺札処

札所

七夕祈祷会

旧暦の七夕にあたる8月7日(水)に皆様が願いを込め奉納して頂いた短冊を集め、本堂で諸願成就のご祈祷を行います。
参加無料となっておりますので、気軽にご参加ください。

場所
本堂
時間
午後5時

参加無料

万松寺 本堂

万松寺本堂

七夕の歴史と由来

日本の七夕

奈良時代以前、七夕はお盆の前に行われた、精霊棚に笹やお供え物を飾って先祖の霊を迎える現在の「迎え盆」に似た行事でした。
奈良時代に「七夕 (シチセキ)」と呼ばれる中国の年中行事が伝わり、日本古来の「棚機タナバタ」と結びつき「七夕(タナバタ)」言われるようになりました。
平安時代になると、七夕は宮中行事として行われ、供え物をして星をながめ、お香をたいて、楽を奏で、詩歌を楽しむという宮中の人々のみで行われる行事になりました。
江戸時代になると七夕は季節の変わり目を表す五節句の一つとされ、広く一般の人々のおまつりとしても親しまれるようになりました。
その後、明治時代に暦が旧暦から新暦へ移り変わると、七夕は新暦にあわせた7月に、お盆は旧暦のまま8月に行われることが多くなりました。

願い事の由来

中国では七夕には「乞功奠」(きっこうでん)という女の子の手芸や芸事の上達を祈願する行事でした。
日本へ七夕の行事が伝わったときに、この「乞功奠」の由来も伝わり、七夕にお願い事をするようになりました。