令和2年2月3日(月)
厄除け豆まき祈祷・星祭

万松寺
節分会

祈祷・豆まき

読経読呪仏陀回向の功徳と諸仏菩薩のご加護による、七難即滅・七福即生の祈祷をさせていただきます。
あわせて厄難を払うとされる「豆まき」をしていただきます。

時間
12時~17時
場所
本堂
受付
万松寺白龍館2階 11時30分~16時30分
祈祷料
3,000円 (枡をお持ち帰りの場合、別途1,500円)

※申し込み状況により、時間が変更となる場合があります。

事前申込

参加無料 厄除豆まき

厄難を払うとされる「豆まき」

節分限定御守り

当日限定で
開運御守りをお授けいたします

大須観音 宝船行列

七福神がやってくる!

節分会 祈祷・豆まき

場所/本堂(十一面観世音菩薩真前)

読経読呪仏陀回向の功徳と諸仏菩薩のご加護による、七難即滅・七福即生の祈祷をさせていただきます。あわせて厄難を払うとされる「豆まき」をしていただきます。

豆まき

時間
12時~17時
受付
11時30分~16時30分
祈祷料
一般豆撒き 3,000円
(枡をお持ち帰りの場合 別途1,500円)
節分とは、季節の変わり目のことで、年に四回あります。それは立春・立夏・立秋・立冬の前日を指します。旧暦の時代「立春正月」と云われたように、立春が新しい年の始まりとされたことから、特に立春の前日の節分が大切にされるようになりました。この日は、過ぎた年中の罪けがれを払い清めると共に、前途を妨げる悪魔を追い新しい年中の幸福を祈るため、追儺(おにやらい)を行います。煎り豆は古来より邪気や悪魔の目(魔目)を払うと云われております。大きな声で「鬼は外、福は内」と言って豆をまきましょう。

平成31年 厄年

男性

前厄 本厄 後厄
24歳
平成9年
25歳
平成8年
26歳
平成7年
41歳
昭和55年
42歳
昭和54年
43歳
昭和53年
60歳
昭和36年
61歳
昭和35年
62歳
昭和34年

年齢は数え年表記しています

女性

前厄 本厄 後厄
18歳
平成15年
19歳
平成14年
20歳
平成13年
32歳
平成元年年
33歳
昭和63年
34歳
昭和62年
36歳
昭和60年
37歳
昭和59年
38歳
昭和58年
60歳
昭和36年
61歳
昭和35年
62歳
昭和34年

年齢は数え年表記しています

星祭 祈祷

場所/不動堂(身代不動明王真前)
本命星と当年星がより吉勢となるよう、除災招福の祈祷をさせていただきます。
時間
12時~17時
受付
11時30分~16時30分
祈祷料
3,000円

星祭とは、年の変わり目である節分に個人の持つ本命星と当年星を祀って、悪い年は悪事災難を免れるよう、また善い年は一層善くなるように祈祷をします。人は生まれおちたときに九星からなり、守護星となる本命星をもっています。そのほか、九曜からなり、その年の吉凶を判断するとされる当年星をもっています。本命星の大厄(八方塞がり)や当年星の黒星と呼ばれる年には病気や災難が多くなるとされています。

令和2年 星祭厄年

本命星 大厄 八方塞

七赤金星 令和2年
平成23年、14年、5年
昭和59年、50年、41年、32年、23年、14年、5年
当年星 黒星
火星 三碧木星 平成27年、18年、9年
昭和63年、54年、45年、36年、27年、18年、9年
計都星 四緑木星 平成26年、17年、8年
昭和62年、53年、44年、35年、26年、17年、8年
羅喉星 七赤金星 令和2年
平成23年、14年、5年
昭和59年、50年、41年、32年、23年、14年、5年

供物

お供え餅(献餅)
3,000円(一升につき)
大ろうそく
1,000円
中ろうそく
500円
供物の献餅につきましては、一週間前までにお申込ください。

祈祷・その他供物は、当日もお申込みいただけますが混雑が予想されます。お電話、下記のオンライン申込みフォーム、または当寺各受処にて事前申込みいただきますと、当日の受付でお待ちいただく時間が短くなります。

なお、当日御不参でも祈祷を厳修し、御札・福豆等の授与品をお送りさせていただきます。

お申し込み

お電話にての申込み

(052) 262 0735

オンライン申込み

お名前[必須]
姓  名 

ふりがな[必須]
せい めい

生年月日[必須]

性別[必須]
女性男性

ダイレクトメールを希望する
希望する

郵便番号(ハイフン無)[必須]

節分種類(複数選択可)[必須]
1. 豆撒き3,000円2. 豆撒き(枡持ち帰り)4,500円3. 星祭3,000円

供物(複数選択可)[任意]
  餅(一升)3,000円
  大ろうそく 1,000円
  中ろうそく 500円

限定開運招福御守(500円)[任意]
希望する