法要・墓前供養

亡き人へ手厚い供養を執り行います

亡き人に想いをはせ、偲ぶ心を祈り届け、さらに心の繋がりを深めていただくためご縁の深かった方々を招いての「回忌法要」や1年に1度の大切な故人様との時間をお過ごしいただくための「迎え火・送り火」、自身の心が安らぎ、元気をもらえる「墓前供養」など供養のすべてを手厚く執り行っております。

法要後は、館内の別室の会席ホールで法要料理もお出しできます。館外への移動がなく、列席者に負担がかからずご高齢の方にも安心です。

葬儀

故人を偲び、集い、心を込めて送りたい

大切な人の旅立ちの儀式には、四十九日法要まで大切な意義のある儀礼がいくつかあります。
四十九日を迎えるまでは、ただ故人の死を悼み悲しむだけではなく、遺された方々が心の整理をするための期間でもあります。万松寺では、故人を偲び、遺族が集い、心を込めて手厚く送り出すために、一つひとつの儀礼を大切にした、「お寺による葬儀」を執り行います。

枕経
故人が仏弟子となり往生できるよう、故人の枕元で仏の座へ送り届けるための読経をいたします。
戒名
仏弟子として与えられる名前です。生前の一文字を入れたり、人柄や業績を偲ぶ文字を入れたりします。
通夜
僧侶の読経の中、故人を偲び冥福を祈ります。最後のとなる別れの夜を惜しみながら過ごします。
葬儀・告別式
故人の縁の方々が成仏を祈ります。僧侶は読経と香を献じ、故人を仏の世界へ導くために引導を渡します。
火葬
僧侶が最後の読経をし、仏の世界へと送り出します。荼毘に付した後は、遺族や近親者で骨あげをします。
七日経
故人が中陰を経て、良い世界へ生まれ変わることができるように、僧侶が七日経の法要を営みます。
四十九日法要
四十九日は故人が成仏し、忌中が終わるため忌明けとなります。故人の冥福を祈って法要を営みます。
納骨
一般的には四十九日に、墓地や納骨堂にお骨を納めます。

式場

家族葬から社葬まであらゆるご葬儀にご対応いたします。

会食会場

故人を偲び、思い出を語り合う場所をご用意しています。

親族控室

ご親族様の控室もございます。浴室も併せてご利用頂けます。